So-net無料ブログ作成

知る、知っている [気付き]

tsuruno4.jpg
日々の生活において、様々なことを行ったり、様々な思考が働いたりしています。
スピ系を学んだり、哲学や諸々の文学を学んだりして、人生をより良いものにして行こうとします。
いつものパターンとして悩みが起き、落胆しては学んで奮い立たせ、また思い悩む。
まさに「何かを追う者」として君臨しており、追っている対象にはなかなか届きません。
あの鬱陶しくなる悩みや閉塞感を何とかしたいのに、なんでいつもこうなんだろう、なんで分からないのだろう…。とお約束の台詞をつぶやく。
あの時はこうだったから上手くいなかったのか、しかし、前はこうしたら上手くいったから同じようにしたのだけど、何が違うのだろう。と思い悩み、次なる教科書漁りにエネルギーを費やしてしまう。
そうか、私に足りなかったのは笑顔だ。笑顔を絶やさないぞと決心するものの、いざとなると顔がひきつってしまい、決心もすぐに崩れてしまう。

振りかえるとこのようなことが多かれ少なかれあると思います。
しかし、上述したこれらのあったことを認識している自分がいることに気付いていないのです。
今、このブログの文章を読んで、「ふむふむ」と思っていることを知っている自分に気付いているだろうか。それが*本質です。
実は全て知っている、気付いている状態にいるのですが、*観念の無意識によって気付けていないと認識しているだけなのです。
「いや、そう言われても分からないよ」
と思われるでしょうが、そう思った何かがいるではないですか。まずは*観念の無意識で反応し、分からないとジャッジしましたが、それを知っている何かがいるからそれが分かるのです。その何かとは*本質です。

※文中に出てくる「*」は、言葉解説のページをご覧ください。


スポンサードリンク


nice!(21)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 21

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました